テーマについて

第68回瑞穂祭のテーマは

『Tree』

その木は瑞穂祭という千葉商科大学千葉商科大学

という大地に根を張り、枝を様々な方向に伸ばしながら大木へと成長しています。

その過程をテーマに込みました。

瑞穂祭は過去の多くの人々の繋がりから根を伸ばし、枝をネットワークのように広げ

国府台、市川市、千葉県、日本、世界中へと瑞穂祭、千葉商科大学の情報を広めてきました。

そしてそれがに成長した時には、世界にひとつしかない大学祭がそこにあることを自負できるでしょう。

更にその感動次の大地へと種を残し、より更に瑞穂祭へと繋げたいと思いを込めて、このテーマにしました。


千葉商科大学 第68回瑞穂祭

瑞穂祭とは千葉商科大学で行なっている学園祭のことです。 過去の瑞穂祭では研究発表の場として開催されてきましたが、1976年に宣言された『瑞穂祭宣言』により現在ではイベントの場として変化してきました。よって、現在の瑞穂祭は、「学生、地域の方々、教職員、が立場関係なく交流できる場」として成り立っています。そして、今年度の瑞穂祭は「瑞穂祭をとおして、地域に開けた大学作りの促進をすること」を目的とします。

0コメント

  • 1000 / 1000